教育ローンを借りる前に住宅ローンの借り換えをしないと損!

お子さんの高校・大学入学を控えて家計に頭を悩ませているお父さん・お母さん。学費のために教育ローンを銀行から借りるのもいいけど、住宅ローンの借り換えをしてみるのも一つの方法ですよ。

教育ローンを借りる前に住宅ローンの借り換えをしないと損!

教育ローンを検討する男性

お子さんが高校・大学に入学するとなると、嬉しい半面、学費が家計に及ぼす影響に頭が痛いというのが本音ですよね。

大学入学となると毎年少なくとも100万円以上の学費が必要となります。

もちろん私立の高校でも年間80万円以上の学費が家計を圧迫します。

さらに遠方の学校に通うとなると、家を出て一人暮らしや学生寮に入らなければなりません。

一人暮らしや学生寮に入るとなると、それだけで年間100万円近いお金が必要となります。

子供の教育費については学資ローンなどで貯蓄している方も多いと思いますが、それでも全然お金が足りないケースがほとんどです。

特に1年目は入学費や高校生なら制服や体操着に教科書代などで、何十万円というお金も掛かります。

そうなると今までの貯蓄だけでは足りないので、なんとかお金を工面しなければなりません。

そこで考えるのが、教育ローンなどの銀行融資を利用することです。

ローンといえば住宅ローンやマイカーローンなどで銀行からお金を借りた経験がある人も多いと思います。

その点では、教育ローンも銀行からお金を借りることになるので、抵抗感なく融資の申し込みができることになります。

 

しかし、ちょっと待って下さい。

教育ローンも立派な借金です。

できれば借金はしないほうがいいですよね。

では、どうすれば銀行からお金を借りずに、教育費を工面できるのでしょうか? それは今、銀行からお金を借りているならば、それを利用するということです。

どういうことかというと、具体的には住宅ローンの借り換えで総返済額を減らすという方法になります。

住宅ローンは金利の低い商品に借り換えることで、総返済額を数十万円から数百万円を減らすことができます。

注意が必要なのは住宅ローンの借り換えをしても、その場で減った分の現金が手元に入るわけではありません。

結果としては学資ローンなどは利用することになるのですが、それと併せて住宅ローンの借り換えも行うことで家計の負担を軽減することが大切です。


住宅ローン借り換えの相談は金融機関で

銀行員

住宅ローンを組んでいる際、それを他の金融機関のローンに借り換える場合があります。

ただ、そのタイミングや実際に得となるのか否かの判断が難しいものです。

基本的に住宅ローン借り換えの目安としては、『現在契約しているローンとの金利差が1パーセント以上であること』というものがあります。

住宅のローンは長期間支払い続けていくものですから、少しでも金利が異なると支払い総額が大きく異なってきます。

また、『返済期間が10年以上残っている場合』も目安と言えます。

返済期間が10年を切っている場合は逆に損が生じてしまう可能性もあります。

逆に返済期間が10年以上ある場合には、契約を切り替えることによって月々の支払額が軽減される可能性があります。

 

そして『ローン残高が1000万円以上』という条件も目安となります。

ローンの残りが少ない状況で契約を切り替えてもほとんど意味が無いからです。

このような条件が揃っているのであれば、今契約している住宅ローンを借り換えることによって非常に大きなメリットが生じることになります。

しかし、その条件に当てはまるか微妙な場合に契約切り替えを行うべきか否かや、実際に契約を切り替えてどれだけ得をするのかというようなことは専門家でなければ分かりません。

迷ってしまった場合には銀行などの金融機関の住宅ローン担当者に相談をすることをお勧めします。

実際に今契約しているローンとの比較や、契約を切り替えた場合にどれだけ得をするのかといったことをわかりやすく説明してくれます。

もちろん、それぞれの金融機関にいろいろなローン商品が存在していますから、数か所相談に行き、それぞれのローン商品の条件を比較してみることも重要と言えるでしょう。


住宅ローンを借り換えるときの注意点

借入時の金利

住宅ローンを契約して、返済期間中に借り換えをする人が少なくありません。

借入金利が変わることがしばしばあり、そのタイミングに合わせて、金融機関を変更することにより、返済総額を少なくしようというものです。

金額が大きいだけに、支払い金利もかなりの額になりますから、利率が少し下がっても、その影響は大きいです。

とりわけ、大きな問題となるのは、変動金利から固定金利へ切り替える、という点です。

変動金利から固定金利に借り換えしたなら、たとえばの例ですが、変動金利が0.875%ら固定金利2%へと上がってしまうことも考えられます。

しかし、長期金利が2%まで上がることが現実に起こるのでしょうか。

日本の株式市場が活性化して、長期金利が上昇することは可能性としては十分にあります。

そして、住宅ローンの金利も上がるという流れが出てくることは、確かに起こり得ることです。

もちろん、日銀が慎重に金利のバランスを図っていることもあって、急激な金利上昇は起こりにくいことが考えられます。

とはいえ、もし景気回復が本格化せずに、日本経済の動向が不安視されて、国債の発行が難しくなってくるような状況に直面すると、急に金利が上昇していくシナリオもあり得るのです。

住宅ローンの借り換えに際しては、そういった視点も注意点の一つに加えて、総合的に検討し判断することが大切です。

また、保証料や登記費用、抵当権設定費用等の費用も、あらためて発生してきます。

このコスト負担のことも忘れてはなりません。


住宅ローンの金利シュミレーション

金利シュミレーション

住宅ローンを借り入れる際には必ず事前に金利計算をしておかなくてはなりません。

キャッシングなどの一般的な借金と比べればその利率は低いものであるとはいえ、借り入れる額が大きく返済期間も長い住宅ローンの特性上、たった数パーセントの違いは返済負担に対して極めて大きな影響を与えることになります。

ただ実際に金利を計算するとなるとかなりの手間がかかるのも事実です。

パソコンがある現在であれば表計算ソフトを使うことである程度簡単に複数社の金利を比較することができるようになりましたが、それでもパソコンに不慣れな人、時間がない人だと計算にはかなりの手間がかかってしまいます。

そうした際に利用したいのが各銀行で提供されているような金利計算のシュミレーションです。

各銀行にとって住宅ローン融資は大きな商談のチャンスです。

そのため各銀行はそれぞれが提供するローン商品に条件を合わせたシュミレーションを提供していますし、銀行によって、また銀行以外のサイトなどでは自分で自由に条件を指定したうえで計算ができるようなサービスが提供されています。

そうしたサービスではもともと住宅ローンの金利計算のことを考えた仕組みで作られたシュミレーションが運用されているわけですから、上手く活用することができれば自分がどこから借り入れるべきなのか、その際の負担はどれくらいなのかということを非常にスムーズに調べることができるようになります。

冷静に判断をするには情報が必要になりますから、ローン借入を検討しているのであれば必ずこういった便利なツールを活用することを心がけるようにしましょう。